散歩茶論


<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - |
シンガポールへ
さて、去年から書き綴っていますインド旅行記も今回が最終回。
インドを満喫して、シンガポールにてワンクッション。

シンガポールでは、ホテルのディナーブッフェを味わい、ナイトサファリにいって、オーガニックファームでランチ♪なんて思っていたら・・・お天気いいのは初日だけで後は雨・・・一日中降ってるってことはほどんどないというシンガポールで一日中雨・・・雷まで・・・地下鉄はびっくりするくらいクーラーが効いていて寒寒・・・そしておなかの調子も・・・。

ということで、長距離での地下鉄移動になるナイトサファリとオーガニックファームはあきらめ、ホテルでのディナービュッフェも前回は乗り継ぎの合間に行けたのに予約で満席で中止、シンガポールならではの地下鉄で世界一周へ。


まずはシンガポールへ来たら海南ライスとラクサそしてカヤトースト。タイで絶品のカオマンガイを食べてからよく似た海南ライスにも興味津々。海南ライスとカオマンガイは基本的にはいっしょでタレが違うみたい。

hainan


つぎは中華街のお寺でお参りして、台湾のスイーツ。

中国の仏様は大食漢なのか、たくさんいらっしゃるのか・・・
お供えのごはんが豪華絢爛。

temple

ライチとストロベリーのスノーアイス。ふわふわ♪
ice



インド人街では必ず買って帰る、または買って帰ってきてもらうケララ州のお菓子Achappam を購入。お花のような形に揚げたこのお菓子は、ただひたすらに甘いインド菓子が多い中、ほのかにあまくて、おいもチップスのような感じの味でとてもおいしいのです。ただ持って帰るのにかさばるのが難点。どんなふうにつくったらあんな風な形になるんだろうと思っていたら、作り方のサイトを発見。なるほど〜!別名ローズクッキーっていうのはじめて知りました。卵なしのレシピも発見。型を買ってつくってみたい・・・



次はバリではまってシンガポールでも食べられると知って、絶対はずせないインドネシアのスマトラ島のパダン料理。
おかずがいろいろ並んだカウンターで自分の食べたいものを指さすとごはんと一緒にもりつけてもえらます。インド料理とはまたちがった辛さで癖になります。

padan



アラブストリートではモスクから聞こえるお祈りを聞きながら、トルコ料理を満喫。(写真はブレブレですが・・・)

mosque1

ベジな前菜盛り合わせ。
mosque2


おなかの調子が悪いのに、どれだけ食べるねん。


ということでシンガポール3日間は気づけば食べ歩きの世界一周になってました。そしてまだお仕事が残っているオットとお別れし、無事?日本へ帰国。
帰国後5日間ほどおかゆの生活になったのは言うまでもありません・・・

食い意地の張っている自分を反省し、旅先でも身体の声を聞ける自分になりたいです。。。





.



| 旅〜インド2013 | comments(0) | trackbacks(0) |
アーユルヴェーダなランチ
あと何回インドで食事ができるか、それを逆算しながらのレストラン選び。
どうしてもはずせないチェックしていたお店がふたつありました。

そのひとつがアーユルヴェーダのセラピーセンターもあるSanjeevanamというベジタリアンレストラン。

運転手さんが何度も何度も電話してやっとたどり着いたお店は、おしゃれなホームページからは想像できないまったく普通の、内装にもなんの味気もこだわりもなさそうなレストラン。
でもそれがとってもこだわりのお料理でデリシャスッ!だったのです!
あー、もう一度食べたい・・・


ここのランチミールスは28種類のお料理が、果物→野菜→穀物といった身体の消化に負担のかからない順番にそって出されていきます。
「使われている食材は全てフレッシュで、長期保存がきくような食材、精製された小麦や砂糖、冷蔵庫に保存されたものは使われていません」というようなことが、ペーパーランチョンに書かれています。


che15

そしてサーブされる順番が書かれたメニューボードが各テーブルの上に。



che16

まず出てきたのは、よく熟したバナナにココナッツのスライスがかかったもの。これによって食欲をそそり後に続くメインコースの吸収を促すのだそうです。
そして次に出てきた5色の飲み物。これも飲む順番が決まっていて、手前からデーツのジュース(ミネラル補充)、ナッツミルク(必須脂肪酸)、ベジタブルクリアースープ(前菜として)、バターミルク(体内システムを冷やす)、ブラウンライスウォーター(ビタミンB)と意味があるそうです。


che17

その次からはバナナの葉のうえにサーブされるのですが、最初の数種類はビタミン・ミネラル・食物繊維・酵素などを取り入れるために生野菜のお料理いわゆるローフード、次に半調理された料理が数種類、その次にきちんと火を通した料理が数種類(ただし揚げ物はなく蒸す・焼く・煮るで調理されたもの)。
どれもこれもおいしくてついごはんと一緒に食べたくなりますが、ここまではお米のサーブはなく、やっとメインコースがやってきます。メインコースは 赤米にダル、サンバル、ラッサムなどの南インドの定番の汁物が出てきました。
そして南インドですからどれもこれもおかわり自由です。ふつうに食べてても十分におなかいっぱいなのに、少しでも減ると「おかわりは?」とやってきてくださいます・・・
ここでやっとデザートのパイサムが。
そして最後に手のひらに消化を助けるために蜂蜜がたらされます。

新しいお料理がサーブされるたびに、マイスプーンとして使用していた右手をフキフキしてカメラで撮っていたのですが、どんどん混ざっていくので美しいものではなく・・・ase
ということで、ホームページの画像を拝借↓

che16

これだけの量を食べたのに、きちんと消化の順番に食べたからか、小麦系のものがないからか不思議と食べ過ぎて苦しいということがありませんでした。
それともただたんにだんだんと胃が大きくなってきてただけでしょうか・・・






,

| 旅〜インド2013 | comments(0) | trackbacks(0) |
インドで荷物を送る
マハーバリプラムからは贅沢にタクシーでチェンナイに戻りました。

でもなかなか思い切れない私たち・・・
「この暑さの中、リクシャでバス停まで移動するの大変やな」
「日よけのなさげなバス停で、バスは時間通り来ないだろうし・・・」
「バスが来ても途中乗車やから、満席やったら乗れへんかもよ」
「重い荷物を持って乗り込めたとしてもまたチェンナイのバスターミナルからけっこうな距離をホテルまでリクシャで移動やし・・・」
「・・・・・・」
「となると、それなりに時間も運賃もかかるし、体力も使うし、値段交渉もせなあかんし、この選択はそんなに贅沢な話ではないよね。ね。」とタクシーでチェンナイに行きたい自分たちにお互いに朝から納得できる理由を並べたて、やっとタクシーで移動に決まりました。贅沢といっても大阪市内でタクシーに20、30分ほど乗った値段と、チェンナイまでそれなりに飛ばしての2時間ほどのタクシー代は同じようなもので、びっくりするほど安いとも言えるのですけれど・・・

チェンナイでは、初日に悩んで保留にしていたお買い物、ベッドリネンやラグを思いきって購入。
「ひと旅、ひとアイテム、旅の思い出を我が家のインテリアに」をいいわけに、いやモットーに。

買ったお店はKalpa Druma というお店。
生地や布製品のほか、洋服やアクセサリーも売っています。そのうえ建物の離れには同系列のオーガニックの食品店Kalpa Kshemaも。
アイテムのおしゃれさ、洗練度はカフェでお茶をしたAmethystのほうが上で、お値段も上。こちらはよりインド色が強い感じ。

お店からは直接郵送は出来ないと言われさすがに重くて持って帰れないので、郵便局にいって郵送の手続きをしました。

che2

まずは日本までの料金を確認。約12kg!
やはりラグは重かった・・・


che3

中身が見えるような状態で持って行くと(というか、中身がわかるような状態で持って行かなければなりません)、重さをはかられてダンボールに入れられ、目の前で白い布に包まれてザクザクと見事に手縫いされていきます。



che1

その布に直接住所を記入。

10日ほどで我が家に到着。
早い!

そのときの思い出とともに時間差で届く荷物もいいものですニコ


che19




.





| 旅〜インド2013 | comments(0) | trackbacks(0) |
町なかウロウロ、お店イロイロ
お昼を食べてからチェンナイに向かおうということで、ランチのお店をチェックがてらマハーバリプラムの町を少し歩いてみました。

che4


遺跡などの観光地とは反対方向へ向かったためか町の人々の日常のお店がいろいろありました。


che11

日用雑貨のお店。カラフルなバケツや、プラスチックのイスやビニールひもを編んだお買い物バックなど店のなかは通り道がないくらいに積まれていました。

インドでお安めのホテルに泊まるとたいていバスルームに置いてあるバケツ、シャワーのお湯が勢いよくでないことや、なかなかお湯にならないことも多いインドではそのバケツにお湯をためて取っ手のついた洗面器でそのお湯をかかりなからのシャワータイムということも多々ありますが、これに慣れると結構使い勝手がよいものです。旅の途中の洗濯にもとても便利ですし。


che5

日用品のお店。スパイスにお米、ドリンク類にシャンプーから洗剤まで。

che6

奥にあるのは唐辛子、手前にあるのはもしかしてシカカイ?
シカカイは煮出してシャンプーにするととてもしっとりします。もちろんパウダーでも売っています。パウダーならヘナをするときに混ぜてもよしです。


che7

緑の軒下がとってもいい感じ♪


che8

ちょっと品揃えの充実した果物屋さん。やはりバナナは吊しておくと長持ちするようです。我が家にもアリマス・・・バナナスタンド。


che10

che9

神様にお供えするお花を売っているお店。レストランの中にも、タクシーの中にも、オートリキシャの中にも神様が置物や額やステッカーでいらっしゃるインドですが、さすがにこのお店では神様が勢揃いでした。


che12

こちらは髪に飾るお花を売っているお店。
右側の緑の葉っぱは噛みたばこ用の葉っぱらしいです。

che14

南インドでは生のジャスミンなどを髪飾りにしている女性がとても多くて、横を通り過ぎるととてもいい香りがします。


ということでいろんなお店がありましたが、ヨーガ部長は大丈夫だとしても私の日本人なおなかにやさしげなお食事処はなく、ランチはホテルに戻ってミールスをいただきました ase






| 旅〜インド2013 | comments(0) | trackbacks(0) |
ゆるゆる世界遺産
ブログのインド旅行記が終わらないうちに一週間ほどですがアメリカへ行ってました。こちらもヨーガ部長の仕事に便乗し、ドライバー助手ってことで。

そんなわけで頭の記憶容量が少なくなってきていると感じる今日この頃、新鮮なアメリカの記憶に陣取られてインドの記憶が薄れてしまわないうちに続きを・・

マハーバリプラムは小さい街のなかに遺跡がいっぱい。
ほかにも、7世紀後半に波打ち際につくられた海岸寺院や、19世紀まで砂に埋まっていたという巨大なひとつの石を彫刻してつくられたというパンチャ・ラタなどの世界遺産があります。


maha7

海岸寺院は波風の浸食(無断の立ち入りも?)をふせぐために柵がされて、防風林が植えられてまわりは芝生できれいに整備されていて、せっかくの雰囲気が残念な感じになっている気がしないでもないですが・・・


maha8

商売上手なおじさん。
柵の向こうは海岸で、おじさんはそこで集めてきたのかお土産用に貝殻などを柵のこちらの観光客に売っていました。
どのようにして商品やお金をやりとりするのだろうと思ったら、右下のペットボトルがのぞいている小さな穴からやりとりしてました。「おー、なるほど!」と感心していると誇らしげでした(笑)


maha9

パンチャ・ラタ。
もとはひとつの大きな岩だったとはにわかには信じがたい大きな遺跡。


maha10

1400年以上も前の貴重なものなのだろうに、別に警備員がいるわけでも、注意書きがあるわけでもなく、みんな遺跡に登り放題、さわり放題。

ユルユルインド。






.

| 旅〜インド2013 | comments(0) | trackbacks(0) |
クリシュナのバターボール
小さな街の世界遺産巡りへ出発。

まずは小さなヒンドゥー教寺院にお参り。
とはいえ正式なお参りの方法がわからず、ヨーガ部長を必死で見よう見まね。
無事にここまでこれたことに感謝の意をお伝えし、その向かいにある世界遺産「アルジュナの苦行」へ。

奥に見えるレリーフが「アルジュナの苦行」
27m×9mという巨大な一枚岩にインドの叙事詩マハーバーラタのなかの「アルジュナの苦行」の場面を描いたと言われています。等身大っぽい象をはじめ、とにかくたくさん動物と人と神様が豊かに描かれていて話はわからなくても圧巻です。
手前の石窟のなかにもりっばな彫刻が施されています。

maha3


そしてぜひ見てみたかった「クリシュナのバターボール」
ほんとに坂の途中で止まっているようにみえる不思議な大きな岩。
王様が象を使って動かそうとしたけれど動かなかったとか。

止まっているのか?
もしかしてこのような形に彫刻されてて底は地面と繋がっているのでは??
どんな大きな岩でも掘り出して彫刻しているその時代のマハーバリプラムの人々のことを思うとそんなふうに疑ってしまいます。もしそうだとしても絶妙のバランスですけど・・・


「クリシュナのバターボール バターボールみたいな人とともに」

maha4


近づいてみると・・・
たくさんの落書きが cry

maha5


裏からみると・・・
クリシュナの好物といわれるバターボールはまるでバターナイフで切られたかのようにフラットでした。
そしてその陰で涼むおじさんたち。

maha6

ウィキベディアの写真では、たくさんのヤギが同じように涼んでた。
考えることは人も動物もみな同じ にひ





,

| 旅〜インド2013 | comments(0) | trackbacks(0) |
マハーバリプラムへ
オーロヴィルを後にして、そこからバスで2時間ほど、ちょうどポンディシェリとチェンナイの真ん中くらいに位置するマハーバリプラムという街に向かいました。

マハーバリプラムへ向かうバスターミナルの売店のおにいさん。
インドの人は写真に写るのが好き。
バスターミナルの写真を撮っていると「マダム!マダム!」とえらく誰かに声をかけている人がいるなぁと思っていたら、まさか私がマダムだったなんて!
まぁ十分にマダムな年齢ではありますがそんな自覚のない私はまったく気づかず、オットに「呼んではるで」といわれて振り返ると、満面の笑みをうかべてすでにポーズをとっている彼。
ということで一枚撮らせていただきました。
きれいに並んだ商品の陳列に几帳面な性格がうかがえます(笑)

maha1


日本でも長距離を一人の運転手さんに任せるのは危険だと長距離バスツアーにいろいろと制限ができましたが、インドでもそういう意図があってかなくてか、運転手さんとともに車掌さんみたいな人がいっしょに乗り込みます。

それでひと安心かと思いきや・・・・

私たちの乗ったバスは公共のバスとは思えない想像を絶するスピードで、クラクションをならしながら片側一車線のカーブのある道をひたすらクラクションをならしながら、対向車線に車が走ってきているのもおかまいなく、右へ左へ縫うように、少しでも遅い車が前にあると必ず抜いていきます。
そうしながらも運転手さんと車掌さんは、途中で乗り込んだ乗客のおねえさんと話が盛り上がって、ずっと3人で話しながら、それもときどき運転手さんはふたりのほうに顔を向けたりしながらの運転。。。
こんなのが当たり前なのか、インド人の乗客のみなさんは平気そう。

あー、生きててよかった・・・(>_<) 
心からそう思ってマハーバリプラムに到着。

マハーバリプラムは小さな海沿いの街で、いくつかの世界遺産があります。
たまたま春頃に「世界ふしぎ発見」でこの町のことをやっているのを見ましたが、数ヶ月後まさかそこに自分がいるとは!

しかし暑いので、到着そうそうまずはホテルで一休み。
ホテルの部屋の窓から見える街のメインロード。
そう、間違いなくこれがメインロード。

maha2

のどかな南インドの風景・・・・





,


| 旅〜インド2013 | comments(0) | trackbacks(0) |
オーロヴィルごはん
居心地のよかったオーロヴィルのゲストハウスですが、シーズンではないので夜ごはんの用意ができないといわれ、シーズンでないので夜に開いているお店はビジターセンターのレストランくらいだといわれ、必然的にディナーはそこでとることに。

ビジターセンターには沢山の催し物や教室などの案内が貼られています。
ヨーガ、合気道、タミル語教室、映画、アートイベント、インドバーブ講座、コンサートなどなど。

auro18


夜ごはんにいただいたのは、1日目はトマトライス(一応インド料理なのだけどちょっとスパイシーなリゾットみたい)と、スモーク豆腐とクルミのサラダ、ベジラザニア(といってもラクトベジなのでチーズは使ってました)。
フラワーシロップのソーダ割り。

オーガニックでどれもおいしいのだけれど、量がどれも半端なく多い!
周りの西欧人の方々はみな大きなひと皿をシェアすることもなく食べているので、飽きないのかなぁと思う。
そして子どもたちも、バカでかいピザをひとり一枚!

auro20


auro19

二日目は、ひかえめにミントライスとチャパティとベジカレー。それでちょうどでした。
そしてイタリアンメニューにくらべ、なぜだがインドメニューはとても安い。



ランチは、「わら1本の革命」で知られる福岡正信さんの自然農法を実践しているソリチュードファームでもいただきたかったのですが、滞在日数も限られてるし前もっての予約が必要だったので、ゲストハウスのそばのcafe naturellementへ。

その雰囲気はインドにあって、インドでなし。

auro23

こちらでは、「こちらはひと皿どれくらいの量ですか?ふたりでこのオーダーは多すぎませんか?」とオットが牽制したものの・・・・

auro22

auro24

やはり多かった。おいしかったけど、多かった。
オーロヴィルの皆さんは太っ腹。
もちろん、ローカルなインド料理店にくらべると高いけれど・・・






,


| 旅〜インド2013 | comments(0) | trackbacks(0) |
オーロヴィルのお宿
オーロヴィルのゲストハウスは、観光としてという位置づけではなく、あくまでもオーロヴィルを知りコミュニティにコミットメントしていくためのお試し期間の宿泊的な要素が強く、宿泊も一週間以上からというようなゲストハウスも多いのですが、そのなかで1,2泊から泊まれるafsanah guest houseに宿泊しました。

とても広い敷地のなかにいくつかの離れがあり、枯山水風の庭園があったり、石畳があったり、石灯籠もどきがあったり日本を意識した作りのゲストハウスでした。

日本風な部屋じゃなくていいですとリクエストして泊まった部屋。
なぜにオレンジ一色??とびっくりしてたら、この部屋「ダライラマ」って名付けられていました(笑)
オーロビルにはダライラマも3回ほどご訪問されたらしいです。
お湯の出もよくシンプルで機能的で広くきれいな部屋でした。

auro2

部屋のドアをあけたらこんな感じ。

auro1


朝起きたら部屋の前の睡蓮が咲いてました。
お隣にお泊まりのインド人のおばさまのサリーと同じ色!
思わすパシャリさせていただきました。

auro3


もちろん世界最大のエコヴィレッジといわれるオーロヴィルのゲストハウスなので、ソーラーパネルや浄化水槽などがありました。

auro16


ここでもやはり昼間は暑くてウロウロできず・・・(^_^;)
なのでヨーガ部長はお仕事タイム、私はお昼寝タイム。
ベットに横になって窓から見える景色が最高に気持ちがいい!

auro14


熱さで涼を求めてか、頭がぼーっとなってしまったのか、となりの農場?の牛さんがゲストハウスに迷い込んできてました。

 auro17







| 旅〜インド2013 | comments(0) | trackbacks(0) |
自然を満喫〜
瞑想ドーム・マトリマンディールの土台のように見えていた赤土色の花弁を模した12個の建築物、そういえばそれもひとつひとつ小さな瞑想ホールでした。
全ての部屋が赤・オレンジ・黄色…とそれぞれ12色の空間になっていて、部屋それぞれに意味があり、今の自分に必要な空間で瞑想できるようになっていました。詳しくは→12 meditation rooms

マトリマンディールは唯一無二の空間で他ではできないすごい体験でしたが、実はオーロヴィルでの朝の散歩や、夜の満天の星のなかで自然を全身で感じているだけで、至福の瞑想タイムじゃないかしらと思ってしまったという事実・・・

普段はまったくすっきりと起きれない私ですが、オーロヴィルでは朝靄のなか、

auro10

たくさんの鳥の声や鬱蒼と生い茂る緑の匂いを感じながらの散歩はよだれがでるほど(失礼・・・)気持ちよく

auro8


auro9

旅立ちの時に立ち会えたり、

auro12

日の出に変化する光と空の色をながめていると、犬を散歩させている人に出会ってびっくりしたり(インドでは野良犬はそこらじゅうに寝そべっていますが、犬をペットとして連れている人を見たのははじめてでした)
...写ってないけど。

auro11


夜にはまったく街灯というものがないので、虫の声と風の音、天の川がわかるくらいの満天の星☆

auro13


マトリマンディールのような瞑想ドーム、自然がなくなってしまった心忙しい都市にこそあったらいいのになぁ。。。


ちなみにオーロヴィルの自然は、もともとは砂漠のようなところだったので人の手によって植えられ育てられた自然で、当初はオーストラリアや世界各地からはやく成長する植物が植えられたりしたそうですが、今はできるだけインドの在来種に切り替えられているそうです。





.




| 旅〜インド2013 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/2 | >>