<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ヘルシーインディア チェンナイ編

チェンナイは太っている人が多い、ような気がする。

チェンナイにかぎらず、都市部で食べることに困らず動かない人はそうなのかもしれない。でもダンサーの人でも「それだけ動いて踊っていればさぞ・・・」と思うけどぽっちゃりしてる人が多い。遺伝子なのかもしれない。甘いものが半端なく甘いからかもしれない。小さなチャイカップにお砂糖3袋はふつう。ミールスのおかわりのごはんの量も半端ない。

なので、街中の壁にまで注意されている。

 

 

 

そんなチェンナイにサラダ専門のデリバリーショップができたという新聞記事を発見。
インドにいると無性に生野菜を食べたくなるけれど、インド料理のお店ではあってもスライスしたトマトと玉ねぎとキュウリという定番ものがほとんどで、おしゃれなカフェでたまにレタスが出てきただけで感動する。
なので、これは是非とも食べてみたい!とホームページをチェックすると、1週間、1ヶ月、昼だけ、夜昼ともに、と希望にあわせて登録しておくと、毎回違うサラダとスープ、スムージーが届くらしい。
メニューはその日毎に決まっているので選べませんが、一回だけのオーダーでもよさそうなので、お昼のおひとりさまランチに注文してみました。

 

この日のメニューはスモークカリフラワーのサラダ、フムスドレッシング、トマトスープ。
お会計は170ルピー、約270円。

 

あぶったカリフラワーが香ばしくてけっこうボリューミー、歯ごたえがあっておなかいっぱいになりました。

 

このサラダやさんに限らず、チェンナイやバンガロールではウーバーイーツをはじめとしてたくさんのデリバリー会社が参入していて、多くのレストランでデリバリーが頼めます。街中ではいたるところでデリバリーのバイクが走っています。レストランで食事をしていてもドライバーが注文の品を受け取りにきているのはしょっちゅうでした。

 

デリバリーが増えてよけい動かなくて太っていく人が多いのか、野菜をカットするのもめんどくさい人がこれを頼んでダイエットに成功していくのか・・・どちらにせよ選択肢が多いのはいいなぁと思った次第です。

インドの魔除け

お店や家の前に「なんでこんなんがぶらさがってるんやろー?」と思ってたら、ニンブーミルチっていう魔除けらしいです。

ニンブーがレモン(ライム)、ミルチが唐辛子というストレートなネーミング。日本の節分の柊鰯みたいなものかな。

 

アイロンやさんの軒先にぶらさがっていました。となりの大きな塊は塩?石? 浄化の意味があるのかもしれません。

 

こちらは花もいっしょになっていて、壁面の色とのバランスがおしゃれな雑貨屋さんの商品みたい(笑)

 

 

なぜにレモンと唐辛子?ということで調べてみました。

美と豊かさの女神ラクシュミのお姉さんがアラクシュミといって貧困と不幸を司る女神で、彼女が辛いものとすっぱいものが大好き、大好物を家の前においておくことでそれを食べた女神さまは大満足、そのまま家に入らずお帰りいただくという算段らしいです。

鰯の匂いや煙で近寄らせない、家に入ろうとすると柊の棘で目を刺すぞという日本の柊鰯にくらべ、友好的解決方法でなんかいいなぁ。アラクシュミがもっと欲しいと家のなかに入ってきたら困るけど。

 

 

ヘルシーインディア チェンナイ編

海外にいくとその国のスーパーに行くのがとても楽しい。なかでもオーガニックやナチュラル志向のショップを探してめぐるのがちょっとした趣味みたいになってます。

チェンナイは長期滞在でもあるし、そんなお店で買い物して朝はグルテンフリーのパンにスムージーから始まるおしゃれなヘルシーライフかしら〜♪なんて思ったりしてたのですが、結局はキッチンのある家に住むことなく、日々外食。

毎回インドに行くたびにいろいろ買っていたオーガニックのスパイスや食材は、日本への帰国がまだまだ先だったこともあっておあずけ。ということで、買うのはもっぱら果物やジュース、洗濯石けんなどでしたが、必要なくてもパッケージがおしゃれなものも多く、つい隅から隅までチェックしてしまいます。

 

 

チェンナイに数店舗あるterra earthfood store

 

南インドのカカオでつくられたローチョコはパッケージもおしゃれでテイストは5種類くらいありました。

 

オーガニックのインドスイーツなら食べれるかも!と思ったけど、甘さはインドのままだった・・・

 

kaseのチーズはグラスフェッドの牛さんからつくられた手作りで地産地消のチーズ。

 

そして、なによりこれが手軽にオーガニックで安くで手に入るのがとても嬉しいヘナ、植物の粉でいろんなブレンドのヘアケア商品もたくさんあります。ハンドメイドソープも悩むほど種類があります。

 

その他お野菜や果物はもちろんのこと、オリジナル商品のほか、グルテンフリーのパンや、アーユルヴェーダのマッサージオイル、コールドプレスジュース、虫除けなどいろいろ揃ってます。

 

 

こちらは、いたるところに書かれたミツバチのイラストがかわいいベジレストラン&オーガニックショップ ka organic resraurant

 

「地球上からミツバチがいなくなると人類は4年しか生きられない。」

アインシュタインの言葉ではないという話もありますが、どちらにせよミツバチが減ってきていて問題がないことがないのは事実。インドではモンサントの農薬グリホサートがシッキム州とケララ州で禁止に、最高裁がモンサントの遺伝子組み換え特許を否定。なのに日本はふつうにホームセンターでラウンドアップが売られててCMが流れ、どんどん規制緩和。。。(T_T)

 

ここのミールスおいしかったけど、写真はボンダ、米粉やベザン粉をベースに玉ねぎやジャガイモ、ヨーグルトなどをまぜて揚げた南インドの軽食です。

 

ここのお店はアーユルヴェーダにもとづいたマウスオイルやシャンプーがよかったです。

ショップの品揃えはお店によって違うので、日用品は小さなサイズを買ってみていろいろ試してみるのが楽しい。





 

 


 

海外で生活してみるの記録

海外生活約2年!という、人生思ってもいないことが我が身に降りかかってきたのが、去年の1月。

出不精のくせに旅行好き、昔から旅が人生になればいいなぁなどと英語もロクに話せないくせに夢見ていたけど、思わぬところで現実になりました。

 

その後行く行く詐欺のようになかなか出発が決まらなかったけど、昨年2018年12月中旬に出発し、ただいま一時帰国中。海外に住むというより、ざっくりと流動的な予定のなかで移動のたびに次の移動の飛行機や宿の手配をして、気づいたら日本に帰ってた感じ。そして、私の次の出発はまだ未定・・・

すでにすっかり4ヶ月も海外に行っていた余韻もなく、このままではとりためた写真も日の目を見ないので、備忘録として見たこと、食べたもの、感じたことなどなどちょっとずつ、すっかり放置したままだったここに書き留めておこうと思います。

またそれすらも忘れるかもしれないけれど・・・もしかして万が一現在に追いつくかもしれないし。

 

いままでの旅の行程

12/18 〜 02/06  南インド(タミルナード州) チェンナイ
02/07 〜 02/11 南インド ティルヴァンナマライ
02/11 〜 02/14 南インド クンバコーナム
02/14 〜 02/18 南インド タンジャウール
02/18 〜 02/23 スリランカ コロンボ
02/23 〜 02/26 スリランカ キャンディ
02/26 〜 02/28 スリランカ タンブッラ→シギリヤ
02/28 〜 03/01 スリランカ ベントタ
03/02 〜 03/05  スリランカ コロンボ
03/05 〜 03/08 南インド チェンナイ
03/09 〜 03/31 シンガポール
04/01 〜 04/06 南インド バンガロール
04/06 〜 04/11 南インド(ケララ州) カンヌール
04/11 〜 04/14 バンガロール→シンガポール
04/15 〜    日本

 

こうして大きな移動だけでも書き出してみると、チェンナイをでてからはずっと移動してたなぁ。
でもチェンナイでも宿泊場所4カ所変更してるし。
旅にしてはゆっくりしてるけど、住んでるという気にはならないなんとも不思議な4ヶ月でした。そしてまだこれからも移動は続く予定。