散歩茶論


<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - |
ひーらいた ひらいた
今年も花芽があがってきてる〜♪ と毎日の成長を楽しみにしていた
バルコニーのバケツロータス。


つぼみが徐々におおきくなって・・・

lotus1

おー、咲いてきたー

lotus2


「いいねー」「あ、その表情もいいねー」「今度はこっちから撮ってみようか」と、日焼け止めを塗るのも忘れて日差しのきついなか、一年に一輪咲くという幻のバケツ蓮のシャッターチャンスをねらう。

lotus3


都会ならではの風景、蓮とコンクリートとサンダル

lotus4


ずっと見てても飽きない美しい自然の造形・・・

lotus5


lotus6


「ひーらいた ひらいた なーんの花が ひーらいた レンゲの花が ひらいた ひらいたと思ったら いーつのまにか つぼんだ」という歌の通り、ほんとにひらいてとじてを4日くらい繰り返し、また来年合う日まで〜。
今年も幸せな気分にさせてくれてありがとう。

lotus7







..

| 植物な生活 | comments(0) | trackbacks(0) |
うちの春便り
どんどん暖かくなってきてバルコニーの緑も日に日に緑が増してきました。そうなると一鉢一鉢昨日と比べてどれくらい育っているのかチェックするのが楽しみです。冬はほったらしなくせにいいとこどりのゲンキンな私です。

数年前、こんなに上品だったスミレの花。

sumire

植えた覚えも種をまいた覚えもないのに、いまではいろんな鉢の足下にボーボーと咲き乱れます。今年もたくさん咲いたので、また他の鉢に種をとばしていることでしょう。

すみれ

そんなスミレたちに栄養を取られてしまっているのか、だたの水やり不足か、毎年花は咲くのに数粒しか実のならないブルーベリーも今年は今のところ順調で30粒くらいはいけそう(少なっ!ase )・・・
たぶんブルーベリー用の土とかってあるから適当な土だとこんな感じになってしまうのかもとも思うけども、思いつつ数年。


warabi

こうして緑の少ない街中のマンションでどうにか春を満喫していたら、美山の里からどっさりと蕨のおすそわけのおすそわけ!

昨日は梅とたたいてお豆腐にのせ、今日は白和え、明日は蕨ごはんにする予定。
しあわせ ニコ







..


| 植物な生活 | comments(0) | trackbacks(0) |
マリモくんが浮いてきた
マリモ

ちょっとぐったりぎみのマリモくんの水を替えたら、マリモくんが浮いたきり沈まない・・・
いつもはスッーと沈んで、気持ちよさそうに泡がプクプクとついてくるのだけれど、なんだか見た目は白っぽいし、触ったらフカフカしている。調べてみたら、中が痛んでしまったらそんなことになることがあるのだそうで、どうもこの暑さとほったらかしが過ぎ、ダウンしてしまった感じ。とはいえまだ生きてるみたいなので、様子を見ています。冷蔵庫にいれたほうがいいのかも・・・








| 植物な生活 | comments(0) | trackbacks(0) |
ホワイトロータス
lotus

蓮の花が咲きました。
白色でした。

部屋から蓮の花が見れるなんて極楽のようです。
窓を開けると地獄のような暑さですけど ショック

そんななか、もうすぐ夏の風物詩、十三の花火大会です。駅の近くでは、「お帰りはこちら」「十三駅はこちら」の看板が至る所に立ってます。

今年もとっても穴場な我が家で観覧です。
たまやー!

・・・・・・・・・

8月のやさい食堂のご案内はこちらです
→ 

| 植物な生活 | comments(2) | trackbacks(0) |
都会のレモン
remon

おとといだか、テレビで木村秋則さんの奇跡のりんごを再現ドラマで特集をしていました。木村さんのりんごは、以前に実家で宅配をお願いしていたナチュラルハーモニーさんで知りました。その時も、木村さんのりんごは幻で、取り扱ってはおられましたが、数量が少なくてうちに届かず、いまだいただいたことはないのですが、その後NHK「プロフェッショナル」でも取り上げられ、いまでは「食べれるのが奇跡」のりんごになってるみたいです。

そのりんごが実るまでの歳月は想像を絶するほど厳しく、すでに知っている話ではあるけど、涙なしには見れませんでした。そこに映る実際の木村さんの畑は、絵本の世界のように緑に溢れ、よくみる整然と果樹だけがならんでいる畑とはまったく違うものでした。(映画「未来の食卓」でみたぶどう畑も有機だろうけど、土がふかふか気持ちよさそうでした)

りんごの実はそれはもう蜜がたっぷりで、あー、私も一度食べてみたい!!!

でも、うちにも同じような(というのはおごがましすぎますが・・・)ほったらかし完全無施肥料、無農薬の自然農的レモンが今年もたわわに実ってます。うちといっても実家ですが、数年前にホームセンターで買ってきた小さな苗木がなにもしていないのにいまでは大木になり、毎年たっくさんの実をつけます。レモンて表年とか裏年ってないのでしょうか?毎年、これだけ実がついたら来年は無理だろうな・・・と思うのですが、まだ今年も豊作です。完全無施肥料、無農薬だからでしょうか、皮が薄くて実がたっぷりとてもジュージーです。
この時期は、やさい食堂でも活躍中。

まずはジンジャーレモンにして保存予定です。





| 植物な生活 | comments(0) | trackbacks(0) |
もったいない
seed

実家で大昔に買った花の種を発見しました。
それは「モネの庭」と「ゴッポのひまわり」をイメージした外国の種のセットで、とても欲しくて後生大事にしずぎて気づけば播かずに十年以上(^_^;)
間違いなくもう芽が出ることはないだろうけれど、そのまま処分するのももったいなので、甥っ子といっしょに庭にばらまいておきました。
3歳の甥っ子は、「古いからもう芽がでないかもしれへんなぁ」という私の言葉を同じように繰り返しつつも、「10分したら生えてくるかもしれんな」と前向きな姿勢。
それを裏切らないためにも、新しい種を今日にも播いてこようと思っています。

| 植物な生活 | comments(2) | trackbacks(0) |
永田先生のお野菜
永田農法野菜
永田先生の講演会を聞きに行った妹からお野菜のお土産をもらいました。
今年の春からぼちぼちと永田農法でベランダ畑をはじめてから、始めてのほんものの永田農法野菜。色が綺麗で味が濃厚でした。
我が家のお野菜はというと、根だけはフワフワのアフロヘアのような毛細血管のような、まさに本に書いてあるとおりの立派な根なのですが、肝心の実や葉の成長はおもったほどでなく・・・それでも葱やバジル、パセリなど日々の食卓に彩りと香りを添えてくれてます。
地道に楽しもうっと・・・

| 植物な生活 | comments(0) | trackbacks(0) |
ベランダ農園ーラディッシュ
二十日大根3月末から始めている自給自足計画。
ここのところジワジワと収穫にありつけております。
今回ご紹介はラディッシュくん。
間引くのが忍びなくてちょっと詰めぎみに育ててしまったのがよくなかったのか、あまり大きくはなりませんでしたがピリリと辛いミニ辛み大根のような
パンチの効いたラディッシュに育ちました。
その上葉っぱとの付け根あたりがどす黒かったり、ぱっくり裂けてしまったようになったものも。
なんでだろう???
うーん、今度は辛みのなかに甘味のある
まんまるいラディッシュに育て上げたいです・・・。
でも薄くスライスして塩もみして青菜のおひたしに
入れたり、サラダにいれたり、
ソムタムにいれたりなかなかの活躍ぶりでした。
ラディッシュの芽永田農法

| 植物な生活 | comments(0) | trackbacks(0) |
モクレン
もくれん桜が咲くまえ、実家の木蓮が満開だとの父の言葉に、お花見に出かけました。
まっ白に咲く大輪のモクレンはうちに帰るころには
気づかないに傷つき花びらが痛んでしまいましたが、
それでも家のなかで咲ききってくれました。
小さいけれど庭のある家に育ったので、梅の花で2月、木蓮で3月、クロッカスや沈丁花で4月、・・・つつじ、すももの花、すもも、柿、かりん、
金木犀・・・・と月々の変化を庭の変化で感じて
いたように思います。
花見にいかなくても十分に花見のできた頃がなつかしいです。

| 植物な生活 | comments(0) | trackbacks(0) |
自然の力
お正月お正月に玄関に松とゴールドにスプレーされた柳を
活けていました。
松は強くてなかなか枯れたりしないのでお正月が
済んだからといって捨てるのもしのびなく、
いつ活けかえたもんだろうなぁと思っていたところ、柳から新芽がでてきているのを発見!
柳のドライにスプレーされているのかとおもっていたら、生きていたなんてびっくりです。
ますます活けかえるタイミングを失っています・・・
芽

| 植物な生活 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/3 | >>