<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< いつでもどうぞ | main | 12月のsuitenやさい食堂のお知らせ >>
都会のレモン
remon

おとといだか、テレビで木村秋則さんの奇跡のりんごを再現ドラマで特集をしていました。木村さんのりんごは、以前に実家で宅配をお願いしていたナチュラルハーモニーさんで知りました。その時も、木村さんのりんごは幻で、取り扱ってはおられましたが、数量が少なくてうちに届かず、いまだいただいたことはないのですが、その後NHK「プロフェッショナル」でも取り上げられ、いまでは「食べれるのが奇跡」のりんごになってるみたいです。

そのりんごが実るまでの歳月は想像を絶するほど厳しく、すでに知っている話ではあるけど、涙なしには見れませんでした。そこに映る実際の木村さんの畑は、絵本の世界のように緑に溢れ、よくみる整然と果樹だけがならんでいる畑とはまったく違うものでした。(映画「未来の食卓」でみたぶどう畑も有機だろうけど、土がふかふか気持ちよさそうでした)

りんごの実はそれはもう蜜がたっぷりで、あー、私も一度食べてみたい!!!

でも、うちにも同じような(というのはおごがましすぎますが・・・)ほったらかし完全無施肥料、無農薬の自然農的レモンが今年もたわわに実ってます。うちといっても実家ですが、数年前にホームセンターで買ってきた小さな苗木がなにもしていないのにいまでは大木になり、毎年たっくさんの実をつけます。レモンて表年とか裏年ってないのでしょうか?毎年、これだけ実がついたら来年は無理だろうな・・・と思うのですが、まだ今年も豊作です。完全無施肥料、無農薬だからでしょうか、皮が薄くて実がたっぷりとてもジュージーです。
この時期は、やさい食堂でも活躍中。

まずはジンジャーレモンにして保存予定です。




スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://sanposalon.jugem.jp/trackback/150
TRACKBACK