散歩茶論


<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - |
タージ・マハル!
とっても暑い日だったので、この炎天下の中タージマハルに行くよりは他を回ってから夕方にいったほうがいいよとのアドバイスで、おすすめの数カ所を見た後、アグラ城へ。ここはタージ・マハルを建てた王様が息子に囚われ幽閉させたという赤いお城。まさに映画に出てくるような桟橋?つきのお城に興奮。
インド人と、外国人との入場料のあまりの違いにびっくり!

agrafort

囚われの身となった王様はここから、亡き王妃のために建てたお墓タージ・マハルを眺めていたのね〜なんて思っていたら、野生のオウム発見で大興奮! 

agrafort

しかし、アグラ城での暑さは尋常でなくだんだんと意識が朦朧としてきます。
そんな意識状態のまま、大理石細工工房に・・・連れて行かれる。。。
いわゆる、ガイドさんはここに連れてきた観光客がお買い物をするとマージンがいただける、というお決まりの観光コースのようで。。。それでもタージマハルが作られたときと同じ方法で作られているという大理石細工の細かさと、それを説明する工房のスポースマンおじさんの、お買い物スペースまでいざなうように綿密に練られた見事な説明は素晴らしく、一度体験の価値ありの観光でした(笑)

暑さもやわらぎちょうどいい感じになってきたので、いよいよタージ・マハルへ。
日曜日や、日中ではチケット買うのにも数時間まちの長蛇の列ができることもあるらしいけど(インド人のみで外国人は別枠があるのかもだけど)その日はまったく並ぶことなく、すぐに入れました。メインゲートの向こうがタージ・マハルです・・・・

tajmahal

夕暮れのタージ・マハル。
入ったときは白かったのですが、帰りに振り返ってみるとほんのりピンクがかってました。
人の写っていないタージ・マハルは貴重かも♪

tajimahal

タージ・マハルから沈む夕日を眺める。。。。。

tajmahal


閉門の時間が来ると、結構な勢いで警備の人たちに追い返されます。みんな聞きつ流しつつ最後の写真撮影に必死でした(笑)





| 旅 〜 インド | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト

| - | - | - |









http://sanposalon.jugem.jp/trackback/280