散歩茶論


<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - |
ジャイプール到着
このままズルズルとほったらかしになりそうな去年のインド旅日記。

jai1

つづき・・・ase

列車が大幅に遅れながらもどうにかジャイプールに無事到着。駅につくやいなやとてもしつこいオートリキシャの運転手につきまとわれ、適当なことを言われ、みんなグルで今日はタクシーはないなどと言われ、温厚なレジーシュくんが激ギレ。見かねてうちのヨーガ部長も加勢して、最後には「あっちへ行け!」「おまえこそあっち行け!」と子供のような大人のけんかに(笑)そんななかで物乞いの子供たちには囲まれるわで、ジャイプールはなかなかアグレッシブ?な街であることを実感。そんなわけでホテルにつくまでに3人ともクタクタになったけど、ホテルはそんな中にあってこじんまりと優雅で都会のオアシスといった感じのとてもいいホテルで、部屋も広くてセンスよく、なによりもフレッシュジュースがおいしくて、この旅でいちばん気持ちのいいホテルでした。

jai2

まずは疲れと暑さと怒りでほてった身体をホテルのテラスでひと休め。南インドの列車のなかで食べて以来、お気に入りのバナナフライ。こちらはたっぶりとグラニュー糖がかかっていて、まずはこれをはらってからでないと甘くて食べられない。十分バナナの甘さだけで甘いのに、インドのスイーツの甘さにかける情熱は半端ない・・・でもバナナの質も揚げ方もなぜか安い列車のバナナフライのほうがおいしかった(笑)

jai3

そして今回の旅は観光の他にお買い物も大きな目的のひとつ。なかでもカンタ織の布ものが欲しくて、出発前にいろいろと調べた結果ジャイプールに気になるお店がいくつかあることをチェック済み。夕食前にさっそくチェックしたお店を探しがてら街に散歩にでかけました。お目当てのショップはとても小さかったけど洗練された素敵なデザインのものがたくさんでかなりのツボ、迷いに迷って布物を数点購入。大満足でその後の男性陣の皮サンダル選びにつきあい、夕食へ。ちょうどホテルのとなりに結構本格的なイタリアンがあるらしいのでそこに行ってみました。暗いビルの屋上に、暗いレストラン。やっているのかと覗くと店に明かりが灯り(省エネ?)、5〜6人のスタッフがいそいそと動き出しました。ビールを頼んだらぬるめのがポットとマグカップで出てきてレストラン選び失敗?と思いましたが、対応はざっくりしていていましたが味はなかなか本格的でオーガニックパスタがあったり、石窯のピザがあったりと、貸し切り状態のキャンドルナイトを楽しみました。

jai8










| 旅 〜 インド | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト

| - | - | - |









http://sanposalon.jugem.jp/trackback/293