散歩茶論


<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - |
ゆるゆる世界遺産
ブログのインド旅行記が終わらないうちに一週間ほどですがアメリカへ行ってました。こちらもヨーガ部長の仕事に便乗し、ドライバー助手ってことで。

そんなわけで頭の記憶容量が少なくなってきていると感じる今日この頃、新鮮なアメリカの記憶に陣取られてインドの記憶が薄れてしまわないうちに続きを・・

マハーバリプラムは小さい街のなかに遺跡がいっぱい。
ほかにも、7世紀後半に波打ち際につくられた海岸寺院や、19世紀まで砂に埋まっていたという巨大なひとつの石を彫刻してつくられたというパンチャ・ラタなどの世界遺産があります。


maha7

海岸寺院は波風の浸食(無断の立ち入りも?)をふせぐために柵がされて、防風林が植えられてまわりは芝生できれいに整備されていて、せっかくの雰囲気が残念な感じになっている気がしないでもないですが・・・


maha8

商売上手なおじさん。
柵の向こうは海岸で、おじさんはそこで集めてきたのかお土産用に貝殻などを柵のこちらの観光客に売っていました。
どのようにして商品やお金をやりとりするのだろうと思ったら、右下のペットボトルがのぞいている小さな穴からやりとりしてました。「おー、なるほど!」と感心していると誇らしげでした(笑)


maha9

パンチャ・ラタ。
もとはひとつの大きな岩だったとはにわかには信じがたい大きな遺跡。


maha10

1400年以上も前の貴重なものなのだろうに、別に警備員がいるわけでも、注意書きがあるわけでもなく、みんな遺跡に登り放題、さわり放題。

ユルユルインド。






.

| 旅〜インド2013 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト

| - | - | - |









http://sanposalon.jugem.jp/trackback/320