散歩茶論


<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - |
アーユルヴェーダなランチ
あと何回インドで食事ができるか、それを逆算しながらのレストラン選び。
どうしてもはずせないチェックしていたお店がふたつありました。

そのひとつがアーユルヴェーダのセラピーセンターもあるSanjeevanamというベジタリアンレストラン。

運転手さんが何度も何度も電話してやっとたどり着いたお店は、おしゃれなホームページからは想像できないまったく普通の、内装にもなんの味気もこだわりもなさそうなレストラン。
でもそれがとってもこだわりのお料理でデリシャスッ!だったのです!
あー、もう一度食べたい・・・


ここのランチミールスは28種類のお料理が、果物→野菜→穀物といった身体の消化に負担のかからない順番にそって出されていきます。
「使われている食材は全てフレッシュで、長期保存がきくような食材、精製された小麦や砂糖、冷蔵庫に保存されたものは使われていません」というようなことが、ペーパーランチョンに書かれています。


che15

そしてサーブされる順番が書かれたメニューボードが各テーブルの上に。



che16

まず出てきたのは、よく熟したバナナにココナッツのスライスがかかったもの。これによって食欲をそそり後に続くメインコースの吸収を促すのだそうです。
そして次に出てきた5色の飲み物。これも飲む順番が決まっていて、手前からデーツのジュース(ミネラル補充)、ナッツミルク(必須脂肪酸)、ベジタブルクリアースープ(前菜として)、バターミルク(体内システムを冷やす)、ブラウンライスウォーター(ビタミンB)と意味があるそうです。


che17

その次からはバナナの葉のうえにサーブされるのですが、最初の数種類はビタミン・ミネラル・食物繊維・酵素などを取り入れるために生野菜のお料理いわゆるローフード、次に半調理された料理が数種類、その次にきちんと火を通した料理が数種類(ただし揚げ物はなく蒸す・焼く・煮るで調理されたもの)。
どれもこれもおいしくてついごはんと一緒に食べたくなりますが、ここまではお米のサーブはなく、やっとメインコースがやってきます。メインコースは 赤米にダル、サンバル、ラッサムなどの南インドの定番の汁物が出てきました。
そして南インドですからどれもこれもおかわり自由です。ふつうに食べてても十分におなかいっぱいなのに、少しでも減ると「おかわりは?」とやってきてくださいます・・・
ここでやっとデザートのパイサムが。
そして最後に手のひらに消化を助けるために蜂蜜がたらされます。

新しいお料理がサーブされるたびに、マイスプーンとして使用していた右手をフキフキしてカメラで撮っていたのですが、どんどん混ざっていくので美しいものではなく・・・ase
ということで、ホームページの画像を拝借↓

che16

これだけの量を食べたのに、きちんと消化の順番に食べたからか、小麦系のものがないからか不思議と食べ過ぎて苦しいということがありませんでした。
それともただたんにだんだんと胃が大きくなってきてただけでしょうか・・・






,

| 旅〜インド2013 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト

| - | - | - |









http://sanposalon.jugem.jp/trackback/323