散歩茶論


<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - |
トリヴァンドラム到着
インド、トリヴァンドラム到着!

のまえに、飛行機にてカメラを忘れてきた私・・・(T_T)
(出てこず・・・)

気をとりなおして、トリヴァンドラム到着!

プリペイドタクシーにて、この日のお宿チャイトラムへ。政府系のホテルということで受け付けの人たちはとってもしっかりお役所スタイル。自分たちのホテルのチェックアウトの時間もはっきりとわかってないのに、3人分のパスポートはじっくりと穴があくくらいにチェックされました。

夜中に着いて寝るだけだからとお安いホテルですが、部屋はなかなかに年季がはいっていて、窓ガラスに穴が開けられて(割られて?)そこにクーラーのダクトが通してあるというなんとも大胆な工事によってクーラーが取り付けられています。
雨期なので、ベットもシケシケ〜。

朝、まずは旅の無事を祈願して、駅前の小さなお寺へお参り。

7302


ホテルでの朝ご飯、イドゥリーにサンバル、ワダにウプマ、濃いめのチャイに南インドにきたんだとテンションがあがります。

7301


朝食後はトリバンドラム観光へ。

7303

7305


ケーララ州のお寺は厳しくて、ヒンドゥー教徒しか入れないところが多いらしいのですが、こちらのケーララ州最古といわれる寺院、シュリ・パドマナーバスワーミ寺院もヒンドゥー教徒しか入れません。なので私たちはそのふもとまで。そういう差別がしっかりとあるから、キリスト教徒が多くて、共産党が強いということもあるそうです。

ということで、こちらはお寺のそばの共産党のモニュメントの前で風車を売るおじさん。ここが定位置なのでしょうか、自転車のサドルも、腰巻きも赤でコーディネイトされています。

7304


お寺に入るときの正装は男性は白い腰巻きに上半身裸です。

7306

このお寺、帰ってきてから知ったのですけど、2011年に地下室から約1兆6千億円相当!!のお宝がでてきたそうです。日本のお屋敷の床下からお宝がとか、発見された難破船から、ってニュースをみてもお宝は朽ちてたり錆びてたりでいまひとつピンときませんでしたが、これはまさに金銀財宝がザックザクって言葉にぴったり!
http://srirangaminfo.com/srirangamphotos/Sri-Padmanabhaswamy-Temple-photos/
あまりにピカピカでかえって映画の小道具みたいではあります・・・


http://nazo108.sblo.jp/article/95081150.html

こちらの記事には、まだ開けれていない部屋があって、そこには「マハーバーラタ」に登場する飛行船が隠されているのではないかとあります。ただ地元の有名な占星術師が「開けたら呪いがかかる」といったとかで街の人々や信者たちの反対に合い、未だ開けられないままだそうです。それにしてもその扉の姿がすごいですね・・・ほんとに呪いがかかりそうショック





| 旅〜インド2014 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト

| - | - | - |









http://sanposalon.jugem.jp/trackback/343