散歩茶論


<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - |
コヴァーラムのホテルへ
街中を観光もしたし、お昼も食べたし、次なる目的地コーヴァラムへ。

コヴァーラムはトリヴァンドラムから車で30分くらい。
タクシーのおじさんに宿泊先のホテル名と住所を見せていざ出発。
ところがおじさん、途中でほかのリキシャのおにいさんたちに道を尋ねます。
そして「自分の思っていた方向と場所と違う!」「そこはこの値段で行けない」と言い出しました。
「いやいや、あなたはホテル名と住所をみて、わかった知ってるといったから乗ったのに、それはあなたの勝手な勘違いでしょう」っていっても、「いや、コヴァーラムビーチロードのほうだと思った、おれはそう聞いた」と折れません。その上、道を尋ねる人それぞれになぜか「自分はコヴァーラムビーチロードだと思っていた」と主張してまわります。聞かされる相手も困り顔です。「あなたがどう思ってたかはもういいから、とにかくホテルへ行ってくれ」といっても、しまいには「おれはそのホテルの住所を書いた紙をきちんと見ていない!」と意味のわからない自己主張。。。
どうにか他の人がおじさんに道を教えてくれて、「あー、ホテルあった、あそこだ〜♪」とやっと素敵な門構えのヴィラに到着〜と思ったら、そのホテルの前を行きすぎるおじさん。
「ちょっとちょっと、今右手にあったやん」「えっ?どこに?」 
結局たいへん思い込みの激しいおじさんで、その細道の奥にあるって聞いて、この辺かなぁとあたりを見渡すことをせずにひたすら奥まで突き進む予定だった様子・・・
そして案の定それだけグタグタだったのに最初の値段では話が違うと言い出して、さすがにヨーガ部長もブチ切れ!
インドアルアルなけっこうよくあるパターンですが、日頃穏やかなオット殿もインドでは毎回戦います。。。

せっかくの優雅なビーチ沿いのヴィラ滞在。
そんなハッスルから始まったので、ウェルカムドリンクのココナッツジュースを飲んで心を落ち着かせて、ホテルのスタッフの笑顔をスマートな対応に癒やされます。
そんなことで一番安いお部屋を予約していたのに「シーズンオフだから他の部屋も見れますよ」の言葉にいろんなお部屋を見せてもらい、見ると値段の違いだけはあったりして・・・「やっぱりこんなとこにきたらせっかくだから気持ちいいところがいいよね♪」と気づけばランクアップしてる私たち。。。

今回泊まったのは、Thapovan Heritage Home という賑やかなコヴァーラムビーチからは少し離れたところにあるヘリテージホテル。見晴らしのいい上のほうにあるhilllockエリアとビーチが目の前のbeachエリアがあり、私たちはビーチエリアのほうに宿泊しました。そしてそのどちらのエリアにもレストランがあり、好きな方で同じメニューがいただけます。

ビーチのほうから部屋を眺めたらこんな感じ。
2部屋分で1コテージ的なつくりになってます。部屋割りは日々お仕事のある部長殿と、旅行気分いっぱいのシスターズで1部屋ずつ。

kova2


こういう天蓋はいくつになってもちょっとお姫様気分でテンションあがります。でも実際は閉じると出入りがしにくいので開けっ放しに・・・ase

kova1



右側の窓の向こうはテラスになっていて、椰子の木と海を眺めながらお茶タイムを満喫できます。

kova3


ここでは2泊の予定なので、明日は一日ヴィラでゆっくり過ごすことにし、この日は夕食がてら賑やかなほうのコヴァーラムビーチへ向かうことに・・・



...




| 旅〜インド2014 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト

| - | - | - |









http://sanposalon.jugem.jp/trackback/349