散歩茶論


<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - |
コヴァーラムビーチと朝ごはん
オートにのって夕方のコヴァーラムビーチへ。
オフシーズンだからか、外国人の姿は少なくインド人観光客がいっぱいでびっくりしました。海岸沿いには観光客相手のお店がたくさん立ち並んでいるのですが、そこへ行くとめっきりインド人の姿は見なくなります。かといって外国人観光客がたくさんいるのかというとそうでもなく、ちょっぴりさびしい感じです。


恐竜の子供がスタートしようとしてるような雲と、月。

7301


どこもいかにも観光客相手な感じのお店ばかりでいまひとつ惹かれる感じのお店がなかったのですが、今更ほかに食べるところもないので、ビーチ沿いのシーフードレストランで夕食を食べることに。
いくつかの鮮魚のなかから好きな魚をえらんで、バナナの皮でくるんだ地元のお料理。さすが観光地だけあって、なかなかにいいお値段でした・・・そしてビールがマグカップなので、気持ちが入りにくい・・・

7302


そして翌朝のホテルの朝ごはん。
「今日は海のそばのレストランで、明日は丘の上のほうでモーニング♪」と思ってたのですが、結局翌日は朝のうち雨だったので、二日とも部屋のちかくの海側レストランでいただくことに。

7306


3人なのでいろいろ楽しむために違うものを頼もうってことで・・・
お米の麺がくっついたみたいなイディアッパン。

7303


なんとも斬新な盛りつけであらわれたウプマ。ちょっとギーがききすぎ。
これはオットのつくるウプマのほうがたぶんおいしい。

7305


ココナツと米粉でできたプットゥ。今回の旅ではこれを食べるのも目的のひとつだったのですが、このビッグサイズのプットゥにちいさなバナナ2本ではバランスが悪くて食べにくかった・・・なので翌日はプットゥのもうひとつの定番パートナーらしい緑豆のドライカレーチックなもので食べてみました。うん、そっちのほうがおいしかったです。

7306


ついでにいうと、翌日はその緑豆&プトゥ、米粉とウラド豆の粉を水で溶いた生地を一晩発酵させてお好み焼きのように焼いたウッタパム、チャパティの生地を揚げたプーリーをいただきました。ということで朝からガッツリ にひ





...

| 旅〜インド2014 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト

| - | - | - |









http://sanposalon.jugem.jp/trackback/350