散歩茶論


<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - |
恐怖のアーユルヴェーダマッサージ
実はわたし、けっこう扱いにくい身体を持っておりましてよくいろんなところが予期せぬ痛みに襲われやすいのです。このインド旅行も元気そうに書いておりますが、そして実際気持ちは元気なのですが、振り返ると結構カラダは不調続きでして・・・。

で、この日も、蟻に襲われたときはさすがに痛みを忘れてすばやくカーディガンを脱いでどうにか蟻の難を最小限に食い止めましたが、実際は服の脱ぎ着がつらいくらい肩から背中にかけて痛みがありました。なので朝は、早朝、妹がヨーガレッスンに参加、オットが散歩に出かけるも、私は部屋で「今日も痛いのよん・・・」とまったりしておりました。

そしたらその朝散歩の道すがらヨーガ部長が出会ったのがカラリパヤットのお師匠さん。カラリパヤットはケーララの伝統武術ですが、グルガルと呼ばれる国に認められたお師匠さんは身体の治療もできるらしいです。

ここにもきちんとグルガルの文字が。




そしてなんだか話が盛り上がって「けっこう予約はいっぱいだがお前は特別にみてやるから是非来い」てな話になったらしく、私も「せっかくやし痛いなら見てもらったら」と言われ、「予約いっぱいとかって結構テキトーなこといって客引きちゃうの?」なんて思いながらもこれもご縁とマッサージをお願いすることにしました。でもホントに有名なのか結構予約表は埋まっていて、私たちが滞在中も外国人客の人が予約をお願いに来てて断れていました。
まずは師匠による脈診。なにやらノートにつらつらと書かれます。ちょっと本格的♪と期待が膨らみます。
満面の笑みの師匠の後ろにはカラリに使う楯や剣がたくさん並んでいました。




でも女性には女性のマッサージ師さんということで、私は師匠の奥さんらしき恰幅のいいゴットマザー的なおばさんに施術を受けることに。肩が痛くてうつぶせになったり、態勢を変えたりという行為自体が結構つらいので、つい「あいたたたたっ・・・」といいながら横になったら、最初は効きそうな薬草の香りたっぷりのオイルで心地よく肩から背中にかけてのマッサージだったのですが、これは身体が固まってるからだ、きちんと動かさないいけないというようなことを言われ、だんだんハードに・・・「ここまで手をあげてみて」「そのままキープ!」「はい、回してみて」「もっと早くっ!」「もっと何回もっ!」「もっと後ろまでっ!」と、途中からはマッサージでなくほぼ素っ裸のままベットにすわってストレッチ指導。 疑問を呈する間もなく、矢継ぎ早な指導に「イタイ、イタイ、イタイ〜ショック !!」と声を上げてしまいます。それでもおばちゃん容赦なく「続けろ!」とスパルタです。となりの部屋で施術を受けてた妹はいったいどんなマッサージを受けてるのかと思ってた模様。そりゃそうだ。そしておばちゃんは途中、「前10回回したら次後ろ10回、それをそのまま休まず続けておくように」と言い残して部屋をでて結構な時間戻ってきません。客観的に今の自分をみて泣くべきなのか笑うべきなのか。。。おばちゃんよ、早く戻ってもう終わりといってちょーだい(>人<;)!





ケーララの聖者、アンマにも私の叫びが聞こえたのでしょうか。やっとおばちゃんが戻ってきて、「これからもきちんと続けるように」「もっとごはんを食べるように」とアドバイスしながら、残りのマッサージをしてくれました。で、マッサージが終わったら、グシャグシャと揉んだ新聞紙で身体に残ったオイルをガザガザと拭われ、シャワールームでいい匂いの薬草湯を勢いよくバッシャンバッシャンと顔からかけられ、息をするタイミングを見失います。這々の体で服を着替え終え店先に出てくると、おばちゃんもでてきて「この子はここが固かったからこうして自分で動かさないといけないよ」って師匠にも話している様子。そしたら今度は師匠から直々にマッサージならぬストレッチの習得度を見せてみるように言われる・・・そして再び細かいチェックが入りやり直し。。。「日本でも必ず毎日するように」「今回は治療が一回しかできなかったら、今度来たときはきちんと時間をかけて治療をしよう、そのとき君は(ヨーガ部長)は私のもとで修行をしなさい。」と言われて、スパルタカタカリマッサージ治療は終わりました。。。





左が前回のインド旅行で腰をいわせたとき(今まで普通につかっていた「いわす」という言葉、ここでフト漢字ではどう書くのかしらと調べてみたら、関西弁だったんですね ase 知らなかった。。。) で、左は前回のインド旅行で腰を痛めたときに買ったアーユルヴェーダのマッサージオイルとバンテリンみたいなの、右が今回お師匠さんお薦めで購入したナガルジュナのマッサージオイルとバーム。日本でもお世話になってます。肩回しはすっかり忘れてました・・・・













,

JUGEMテーマ:インド



| 旅〜インド2014 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト

| - | - | - |









http://sanposalon.jugem.jp/trackback/359