散歩茶論


<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


コーチンにお住まいのみなさま
たぶんだけど、調べてみたところコーチン(コチ)は、内陸部のエルナクラム、その対岸にあるウィリンドン島、その西側にある半島のフォート・コーチン地区とマッタンチェリ地区のことを指すようです。
そして、16世紀にポルトガル人がやってきて要塞とし、西欧人が居住した地域がフォートコーチン、それに対してコーチン王の宮殿がおかれその支配下にあったのが南東部のマッタンチェリ地区、そこにインド人・ユダヤ人・イスラム教徒が住んでいたらしい。
ということで、半島部分のフォートコーチンとマッタンチェリには、ヴァスコ・ダ・ガマが最初に埋葬された聖フランシス教会、ユダヤ教会のシナゴーグ、植民地時代のコーチン王の宮殿ダッチパレスと、数々の歴史的な建物がありました。

が。。。。あれ。。。?

行ったはずなのに食べ物や街の写真ばかりで写真が見つからない・・・・

ということで、食べ物ばかりもなんなので街にお住まいのみなさまのご紹介。

どのようにしてこの塀に上ったのか・・・?
フォートコーチンにはヤギさんがいっぱい。
オッドアイの白猫さん。
こどもたちはみんな裸足でサッカーをしてました。
しっかりアーシング、いいなぁ。

 

ヤギ好き、ネコ好きにはたまらないフォートコチンです。

 

 

 

 

 

 

 

.

| 旅〜インド2014 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト

| - | - | - |









http://sanposalon.jugem.jp/trackback/371