散歩茶論


<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - |
オートミールクッキー
oats

玄米菜食をしていても、そのことにまったくストレスを感じることもなく、
お肉はほとんど食べたいとは思わないのに、甘いものはなかなかやめられ
ません・・・ダメだダメだとおもうほど、魅力的に感じたりして。
自分に甘い私は、すぐに自分を許してしまうのですが、できることなら手作りで極力甘みは使わずに、使うなら白砂糖ではなく自然なもので、が理想です。
ということで、今日は外出先の様々な誘惑に打ち勝って、先日のやさい食堂で使ったオートミールが残っていたので、レーズンと、野菜ジュースの甘みだけでクッキーをつくりました。全粒粉と地粉、オートミール、野菜ジュース、レーズン、BP、ちょっとの油をボールに放り込みグルグルとまぜて、天板にポトン、ポトンと落として焼いて出来上がり。
打ち勝って、食べずにすませればいい話なんですが・・・(^_^;)

| 作ル食ベル食ベニイク | comments(0) | trackbacks(0) |
つくしの季節
土筆

今日はオットがつくしを摘んできてくれました。
というような自然あふれるところに住めれば嬉しいのですが・・・
つくしを買ってきてくれました。
つくしといえば、佃煮かたまごとじみたいなイメージだけど、卵を食べないし、ちょうどお醤油を切らしてしまっていたので、めんどうな袴をとらなくていい揚げ物にしようと、人参と人参葉といっしょにかき揚げにしました。
とてもおいしかったけれど、そのおいしさが土筆の味か、人参葉の味か、渾然一体となりすぎて、ちょっとつくしの個性を楽しむには残念だったかも・・・
次回はあっさりな佃煮にしてみます。

今日のよるごはん。
玄米
菜の花のお味噌汁
土筆と人参葉と人参のかき揚げ
黒豆のちいさなベジハンバーグ
セロリと紫たまねぎとじゃがいものマスタードサラダ

お知らせ
4月のやさい食堂ですが、嬉しいことに詳細をお伝えするまえに早々にご予約をいただきましてありがとうございます。5日(日)は満席、4月2日(木)は残席1となっています。

| 作ル食ベル食ベニイク | comments(0) | trackbacks(0) |
塩ケーキ
塩ケーキ
妹から塩ケーキのおすそわけ。
少し塩気のきいたスイーツかとおやつタイムに用意したら、
お味は野菜のピザ味マフィンといった感じ。
すっかりスイーツの口になっていたのでびっくり。
お腹の虫にえさを与えてしまったみたいで食欲に火がついてしまいました。

| 作ル食ベル食ベニイク | comments(2) | trackbacks(0) |
味噌づくり
手作り味噌
去年の夏に仕込んだ麦味噌5キロ、とうとうなくなってしまったので、
また仕込みました。
仕込むといってもこのお味噌は、麹にすでに塩が入っているので、大豆を
茹でて麹と混ぜるだけという、ちょっと手抜きな味噌づくりです。
それでも時間の経過とともに変化するお味噌の味を楽しめてとてもおいしいので、今度は一から自分でつくってみようかと思っています。


| 作ル食ベル食ベニイク | comments(0) | trackbacks(0) |
バレンタインデーに
マクロビティラミス
食べてみたいしつくってみたいけど大変そうで尻込みしていたマクロビオティックのティラミス。バレンタインデーだったので、思い切ってつくってみました。
いくつかのレシピの中からできるだけ簡単そうなのを選び、おいしそうなレシピから香り付けをピックアップし、つくりました。
そしたら意外とカンタンにできました。
層になった姿がこれまたちょっとしたものを作った気分にさせてくれます。いろいろとアレンジがききそうなので、このためにかった「卵豆腐の型」もお蔵入りにならなくてすみそうです。

| 作ル食ベル食ベニイク | comments(0) | trackbacks(0) |
マクロビチャイのデザート
ムース
人参と豆乳ジンジャーチャイのデザート。
先日の卒業制作のためにつくったスイーツ。
我ながらなかなかおいしく出来上がって満足な一品です。
カルダモンやクローブ、生姜を効かせて、甘味は甘酒で作りました。
そういえば去年のお寺ヨーガ部でつくった甘酒チャイの進化版というところでしょうか。

レシピブログ

| 作ル食ベル食ベニイク | comments(0) | trackbacks(0) |
卒業
>マクロビオティック
2月8日に通っていた正食協会師範科の卒業制作発表会がありました。

macrobiotic1どうにかこうにかたどりついた卒業制作までの道のり。まだまだ勉強不足、知識不足、実行不足のゆるゆるマクロですが、野菜のふところの広さに驚きの毎日です。思えば小さい頃は玄米で育ち、オーガニックや自然食といった言葉がとても身近な生活の中で、○十○年前の小6の時の将来の夢は「ナチュラルな素材を使ったクッキーやさん」という変わり者でしたが、いつのまにやら、そんな食へのこだわりは「おいしいものには目がありません」の普通の料理好き食いしん坊に変身・・・そんななかその頃インドに住んでいたオットからヨギーとなりベジタリアンになってみたとの連絡が・・・。ちょうど私の体調もそれほど元気でなかったので、「そんならちょっと勉強してみよっかな」と教室に通うようになって約2年。その間に、実家で曾祖父が読んでいた桜沢如一先生の本が出てきたりして、「へぇ、ひいおじいちゃんて玄米食だったんだ、それも桜沢先生とオンタイムやん」とちょっと興奮したり。

macrobiotic2そしてそんなひいおじいちゃんに捧げる(笑)
当日のおしながきはこちら

・五種の玄米おむすび
 春キャベツ(お茶の佃煮)
 おいなりさん(茗荷とセリと自家製梅じそ)
 桜と柚漬け大根(切干し大根の炊いたんと柚子)
 変わり豆ごはん(えんどう豆の柚胡椒マリネ)
 イタリアごはん(ドライトマトとケイパーとレモン)



玄米おにぎり・小豆かぼちゃのテリーヌ
・蓮根の黒米蒸し天ぷら
・ひえのサラダの里芋ファルシー
・百合根の茶巾しぼり
・切り干し大根のペペロンチーノ
・3種のマリネのスティック
・長芋と里芋のアジアコロッケ
 (黒ごまのチャトニ、トマトのチャトニをそえて)
・高野豆腐の磯揚げ
・ひじき蓮根と木の実のサラダ仕立て
・こぼうとしそのマスタード味噌和え

そして・・・

人参と豆乳甘酒ジンジャーチャイのデザート

こんなのも、あんなのも作ってみたい、入れてみたいと広がるばかりの想像をまとめるのが大変でした。反省点も多々ありますが、これからも、楽しく続けていきたいと思います。当日、おいしいと試食してくださった皆様ありがとうございました。


レシピブログ


| 作ル食ベル食ベニイク | comments(0) | trackbacks(0) |
無病息災
七草
7日に無病息災を祈って、七草がゆを食べたのに風邪をひいてしまった。
お店で購入した七草に、「はこべらばっかりやん」と文句をいったからでしょうか・・・


| 作ル食ベル食ベニイク | comments(0) | trackbacks(0) |
おはぎ
玄米おはぎ
9月のことの覚え書きその2。
そらさんから頼んでいた小豆がとどいたので、レーズンで甘味をつけたあんこで玄米のおはぎを作りました。餅米がなかったので、炊いた玄米だけををすりこぎで軽く叩きすりつぶしておもち風に。
春はぼたもち、秋はおはぎと名前をかえる風情ある庶民の和菓子ですが、夏は「夜船」冬は「北窓」と、実は4つも季節によって名前を持ってるらしいです。びっくりです。

| 作ル食ベル食ベニイク | comments(0) | trackbacks(0) |
無花果
いちじくワインごまぷりん
9月のことの覚え書きその1。
いちじくをいただいたので赤ワインで煮て、白ごまのプリンの上にのっけました。あってるようなあってないような・・・
なので、頼まれていたd'iciさんの教室では黒蜜ソースにして、いちじくのワイン煮は横にそえさせていただきました。

| 作ル食ベル食ベニイク | comments(0) | trackbacks(0) |
<< | 3/5 | >>